大阪 債務整理/自己破産


借金返済に行き詰り「自己破産しかない」と思ったら、まず相談を。

自己破産以外の債務整理


債務整理とは言い換えれば借金整理。つまり簡単に言うと、債務整理とは借金を法律的に解決する手続きのことです。
債務整理を分類すると4種類に分けられます。

・任意整理
裁判所などの公的機関を利用しないで、司法書士が直接債権者と連絡をとり借金の減額や将来利息のカットや返済方法など交渉し和解を進めていく手続きです。
現在、債務整理の主流となる手続きです。
実務的には3年〜5年の範囲で将来利息をカットし和解を勧めますが、取引が半年未満等、極端に短い場合など一部債権者は利息制限法内の利息を要求してくることがありますので注意が必要です。

・個人民事再生
裁判所の再生計画に基づいて一定の借入を免除してもらう方法で大きく分けて3つの方法があります。 個人再生の注意点として、再生委員の選任が必要な場合、費用が高くなります。 また、必要用件が厳しく基本的に3年での返済となるため返済額が高くなる場合があります。
小規模個人再生
一般的自営業者が利用します。
・再生案について債権者の同意が必要です。

給与所得者再生
公務員・会社員など定期収入があり収入変動幅が少ない人が利用します。
・債権者の同意は不要です。

給与所得者再生
住宅ローンを利用している人が利用します。
・マイホームを手放さず他の借入を整理します。
・住宅ローンを通常に支払いながら他の借金を36回程度で支払っていきますので月々の返済額が高くなる可能性があります。

・特定調停
簡易裁判所に調停の申し立てをして、債務整理をしていく方法です。債権者と債務者の間に調停委員が入り任意整理を行うような形になりますが1社でも和解が成立しない場合、後日もう一度出廷する必要が生じます。
また、過払いが発生している場合調停では請求できませんので別途、裁判を起こす必要が生じます。
調停調書は債務名義といって裁判の判決と同等の効力があるので、支払いの遅延をした場合給与の差押などをされる場合がありますので注意が必要です。

それぞれ手続きや債務整理が終わったときの状態が異なりますので、適した方法を選択しないといけません。
どの債務整理手続きにも、メリット・デメリットがあります。
自分にあった弁護士・司法書士を探すことで、スムーズに手続きを済ませることができます。

■債務整理について
債務整理・自己破産自己破産とは
債務整理・自己破産自己破産のメリット
債務整理・自己破産自己破産のデメリット
債務整理・自己破産自己破産以外の債務整理


債務整理・自己破産債務整理・自己破産ナビ
■アヴァンス法務事務所について
債務整理・自己破産事務所案内
債務整理・自己破産料金案内

債務整理・自己破産全国の法テラス一覧

多重債務でお悩みの方ご自分で判断なさらずに、まずは気軽にご相談ください
無料相談メール
無料相談ダイヤル
0120-964-564

土・日・祝日も対応(要予約)


アヴァンス法務事務所
司法書士法人アヴァンスリーガルサービスグループ
代表司法書士:姜 正幸
愛知県司法書士会所属 登録番号4065号
簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第312005号
〒541-0041
大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
電話:0120-964-564
プライバシーポリシー

(C)アヴァンス法務事務所
FIT-web,inc.